市場支配型トレンドカメラ転売セミナーを開催する 篭橋昭夫(やまと)のカメラ転売EXPANDER TEXTレビュー - サラリーマンでもできる副業ネットビジネス講座

市場支配型トレンドカメラ転売セミナーを開催する 篭橋昭夫(やまと)のカメラ転売EXPANDER TEXTレビュー


ヒロシです^^



本日、このような質問を頂きました。

ネットビジネス初心者は、
Youtubeと転売どちらから始めればいいのか?

というものです。



質問をして下さった方によれば、
どうやら、最近、篭橋昭夫氏という方が、
市場支配型トレンドカメラ転売セミナー募集の案内メールを出していて、
それで転売(カメラ転売)が気になったようです。



篭橋昭夫氏についてはよく存じ上げませんし、
市場支配型トレンドカメラ転売セミナーも
2017年4月開催らしいので、詳細は分かりません。


しかし、籠橋やまと氏は、
カメラ転売の情報商材を販売しているようなので、
情報商材をレビューしつつ、
Youtubeと転売どちらから始めればいいのか?
ということについて書いていきます。





カメラ転売EXPANDER TEXT

#34

販売者:篭橋昭夫
住所:〒471-0042 愛知県豊田市宮口町3丁目117番地1
メールアドレス:yamatoyamato005@gmail.com
販売価格:24800円 (税込)

販売ページはコチラから確認できます





カメラ転売EXPANDER TEXTの詳細について



PDF250ページ、動画850分以上というコンテンツの内容は、
以下の通りです。

第1章  サイトの登録・出品準備編

第2章  カメラ・レンズの基礎知識

第3章  相場検索編

第4章  仕入編1 ネットショップ

第5章  仕入編2 ヤフオク攻略法

第6章  仕入編3 JUNK品攻略法

第7章  仕入編4 店舗仕入れ法

第8章  商品チェック編

第9章  出品編

第10章  販売方法編 

第11章  落札後の作業編

第12章  直接取引のススメ



それぞれの章をチェックしていきましたが、
近年のカメラ転売教材と比べれば、
ボリュームも結構ありますし、ポイントは抑えているので、
その辺の高額塾よりはちゃんと稼がせる気があるようです。


篭橋昭夫氏のノウハウでは、
カメラのキタムラなどのネットショップで仕入れて
ヤフオクで販売するという形で稼いでいくやり方です。


仕入れについても一通りのことは書いてあるので良いと思いますが、
少し残念なのが、ヤフオク以外での販売については、
記載されていないところです。


ヤフオクだけでも悪くないですが、
転売をやるなら、露出を増やすほうが売れやすいですし、
販売先によってはヤフオクよりも高く売れる商品もあります。


もっと言えば、ヤフオクも落札システム利用料が変わりましたし、
メルカリなどを真似してフリマ機能なども出てきたので、
販売先をヤフオクだけに依存するのは危険です。


商材の内容としてはシンプルですし、
試しにサポートを使ってみましたが、
サポート対応も悪くなかったので、
カメラ転売の教材としては悪くないです。




カメラ転売EXPANDER TEXTの注意点




カメラ転売に限らず、転売は仕入れがキモです。

高く販売する方法を学ぶよりも、
仕入れの技術を方が圧倒的に稼ぎ続けられます。

この仕入れの鍵となるのが"資金"で、
転売は資金がある人の方が圧倒的に有利です。


例えば、資金が豊富な人は、仕入れリサーチでも、
価格が安い商品から高い商品まで幅広く網羅できますが、

資金が少ない人は、商品価格が安い物ばかりしかリサーチできないので、
自ずと仕入れられる商品の幅が狭くなります。



さらに、資金が少ない人は、
もう一回入札できればヤフオクで落札できるという時にも、
資金が無くて予算オーバーとなり、途中で入札を諦めて
資金がある人に商品を持って行かれるというのは多々あります。



籠橋氏の仕入れ方法は、
ネットショップをメインの仕入れ先としていますが、
ネットショップの仕入れ値はヤフオクで仕入れるのと比べて、
比較的、高くなる傾向があります。


例えば、極上のカメラがヤフオクで10万円で買えるところを、
ネットショップで同じ商品の極上のカメラだと、
15万円くらいだったりするします。


単純にネットショップのほうが高いので、
より多くの資金が必要になるということですね。

つまり、篭橋氏のネットショップ仕入れのやり方で
カメラ転売をやっていくと、仕入値が高くなっていきます。




それともう一つ、
ネットショップでの仕入をメインにすることでの注意点があります。

僕自身、副業時代に様々なカメラのネットショップを
お気に入りに登録して、毎日仕入れリサーチしていましたが、
ヤフオクと比べると、新しい商品数が少ないです。

ヤフオクの方が圧倒的に商品数も多く、
入れ替わりも激しいため、仕入れがしやすいです。



普通に考えたら、一般の人からしても、
ネットショップにカメラを売るよりも、
ヤフオクで自分でカメラを売った方が高く売れますからね。


そういった理由もあるので、ネットショップよりも
ヤフオクの方が商品数は多い傾向があるので、
籠橋氏の手法だと、ちょっとヤフオク仕入れに関する部分が甘いので、
もっとヤフオク仕入れに力を入れたほうが良かったなと感じました。





ヒロシのレビューまとめ




篭橋 昭夫(やまと)氏のカメラ転売EXPANDER TEXTはBランクとさせていただきます。


教材そのものは悪くないですが、
今から、副業でネットビジネスを始めるという方には、
カメラ転売は自信を持って推奨できません。


もし、僕がこれからネットビジネスを始めるのであれば、
間違いなくYoutubeを選びます。


僕自身、副業でカメラ転売とYoutubeを経験したからこそ分かりますが、
Youtubeと比べてカメラ転売は、以下のような点があります。

・仕入れに結構な時間が必要
・クレーム対応でたまに地雷を踏む
・本業と変わらないレベルの労働ビジネス



仕入れの間はパソコンから目が離せないので
基本的にパソコンにつきっきりで張り付く必要があります。

ヤフオク仕入れでいえば、オークションの終了時間をチェックしたり、
アラートを何十個も設定して、メールが飛んでき次第、
10~20秒程度で判断して仕入れをしたりしていました。

突き詰めていくと、1分1秒が戦いです。

仕入れが終わった後も、出品や発送もこなしていく必要があります。
実際、僕も副業時代、夜中にコンビニへ発送しにいくのは日常茶飯事でした。


さらには商品販売後も、時々厄介なクレームがあるので、
そのクレーム対応も含めたら、
いくら時間があっても足りなくなります。




本業で忙しい人に対して、資金がかなり必要かつ、
多大な作業時間が奪われる転売を推奨する気にはなれません。



対して、Youtubeは、
仕入れも無ければ、在庫も抱えなくて済みますし、
Youtubeを利用するのは0円ですから資金も不要です。



リサーチと動画作成はやる必要がありますが、
本業がどうしても忙しい日には無理してやらなくても、
既に作った動画が勝手に収益を生み出してくれます。


イメージとしては、カメラ転売のように商品が売れたら
補充する(出品する)という感覚では無く、
Youtubeは動画という不動産を増やしていくという感覚なので、
副業でやる人にとってはメリットが大きいのは間違いないです。





以上の理由から、カメラ転売よりもYoutubeを推奨しています。

Youtubeを0から学ぶのであれば、
まずはこれを手に取っておけば損はないでしょう。


→ 管理人ヒロシが推奨するYoutube商材のレビューはコチラ


今なら僕の最強サポートもついていますので、
興味があれば覗いてみて下さい^^




追伸

最近、ネットビジネス初心者の方から多くの質問を頂いています。

何か分からないことや疑問に感じたことがあれば、
気軽に連絡してくださいね^^

→ヒロシへ質問する



それでは^^

関連記事
メルマガ登録バナー2

コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © サラリーマンでもできる副業ネットビジネス講座 All Rights Reserved.